BLOG

今日のブログ

2016年3月17日|カテゴリー「完成写真
blog_import_5658264640695
建てようとしています。
blog_import_5658262225435
できました。

新プロジェクト:2階でワクワクと広々遊ぶ家in千葉県袖ケ浦市

2015年11月17日|カテゴリー「プロジェクト

新プロジェクト:千葉県袖ケ浦市の家
2階でワイワイガヤガヤと楽しく気持ちよく暮らせる家

P1020753.jpg

この家は千葉県袖ケ浦市の郊外の住宅地に位置している。
そんなに家が込み合っている場所ではない。
ただ前面道路はちょっと狭い。

始めて敷地を見に行った時は
成田空港から袖ケ浦市に向かった。
途中緑が多かった。

袖ケ浦市に入っても,
郊外にはなだらかな斜面に畑が広がっていた。
畑の緑も太陽からの沢山の陽できらきらと光っていた。
爽やかな風も吹いていた。

車で走りながら「なんか 気持ちいいなぁ~」と嬉しくなった。

そんな第一印象の土地柄らだった。

のびのびと気持ちよく暮らせる家が提供したいと思った。

行って初めて知った。
驚いた。

羽田空港からアクアラインを走りリムジンバスで30分位で着いてしまうのだ。
新宿駅にも直通でわずか1時間くらい。
渋谷にも直通リムジンがある。
その交通の便のよさに驚く。

そんな交通の便の良いのにも関わらず
中心部にはまだまだ空き地があり、緑も多かった。

その交通の便の良さ、環境の良さにて
住まい手はこの地を選び家を建てることを決めたのだった。

まだ、現在は実施設計中。

2階に生活の中心部を配置しその周りを広いウッドデッキで囲む。
そこではブランコがあったりハンモックがあったり、
夏はプールも置きたいとのこと。
またご主人の趣味の日曜大工も家族が見えるところで楽しみたい。と、
夢は今から膨らむ。

2階の建物の中も大きな空間がで~んとワンルーム形式である。
風が縦横無尽に吹き流れるようになっている。

2階なので周りからのプライバシーは保たれながらも、
カーテンなんかいらない開放的なワクワクする暮らしがきっとできるはず…

楽しみだ…

P1020753.jpg

P1020747.jpg

P1020750.jpg

P1020748.jpg

 

新プロジェクト:光と風をつかまえるコンパクトな平屋の家in今治

2015年11月10日|カテゴリー「プロジェクト

新プロジェクト:今治の家
 光と風をつかまえるコンパクトな現代和風の平屋

  P1020252.jpg

  P1020802.jpg

  P1020799.jpg

  P1020253.jpg

   
この家は今治市の中心部に位置している。
現在の家の老朽化のための建替え。

ご希望は明るく風通しの良い家にしたいこと。
コンパクトな平屋でありながらもゆったりと暮らしがしたい。
現代和風にしたいこと。

現在の家は街中であるため隣地の建物も高く、囲まれている。
また現在の家が大きいことと古い形式の間取りのために
各部屋に光が入りずらく風通しも悪く建替えに至った。

現在は解体工事に入ところ。

また追々お知らせいたします。

 

新プロジェクト:コンパクトな敷地に建つコンパクトな家・今治市

2015年11月10日|カテゴリー「プロジェクト

新プロジェクト:
  コンパクトな敷地に建つコンパクトな家 in今治

   

     P1020775.jpg

   
  P1020761.jpg

   
   
  
この家は今治市の中心部から15分くらいの郊外の住宅地に位置しています。
現在の家は30年以上経ったものの建替えです。

ご希望は現在の家が少しの地震や風でも揺れるので不安があるので
これに対処して欲しいとのことです。

また今の家が小さな部屋の集まりなので、ゆったりと明るい生活環境で暮らしたい。
とのことでした。

また敷地面積は31坪と少々コンパクトでありながらも、
車を2台駐車させたい、バイクも停めたい。とのことでした。

すでに地鎮祭・建前等は終了し工事中です。

 

シンプルに住まう子育て世代の自然素材の家

2015年10月19日|カテゴリー「完成写真

完成写真:
シンプルに住まう子育て世代の自然素材の家
               in新居浜
  
ちょっと遅くなりましたが先に完成いたしました
完成写真一部をご紹介させて頂きます。

■基本コンセプト

 ”健康できもちのいい家” 

 自然の風や光を楽しみ自然素材を使い
 気持ちのいい自分らしい生活づくり。

■建物概要
・敷地面積:199.35㎡
・木造2階建て
・延べ床面積:110.54㎡
・設計監理:㈱トス設計
・施工:㈱川下建設

house in niihama_14.jpg
今回も出来るだけ、軒の出を深く夏の無駄な光が入ることを抑
えると共に外壁を守っています。また出来るだけ流行を追わず
飽きのこない外観にしています。   
現在は板塀も設置いたし、また樹木もご自身で植えられています。

     
    house in niihama_03.jpg
    ポーチは大きな屋根で覆われています。
    隣はオープン納屋が続いています。
    自転車置き場や外部の物入。

house in niihama_05.jpg
キッチン手前にはオープンなワークスペースを設置しています。
お子様にとってのお母さんのそばでの学習机であったり、
家族みんなのパソコンコーナーであったり
奥様の趣味のコーナーであったり
ご主人の書斎コーナーであったり
誰もが自由に自分の好きなことを楽しむスペースです。

左には和室も隣接しており、3枚の障子も全て壁に収まり
開口一杯開け放つことが出来ます。
それにより更に家族室が広々と活用できるようにしています。
広く住まうコツです。

house in niihama_08.jpg
庫の障子は開くと三枚とも右の壁に収まり、
全てを解放することが出来ます。

     
   P1020614.jpg
   和室の開口は足元の開口のみ、風が畳の上を流れ 
   とても涼しくかつ落ち着いた空間を造っています。 

    house in niihama_11.jpg
    奥様お気に入りの洗化粧台。
    奥様のお気に入りのタイルを貼った
    オリジナルのもの。
    写真では分かりずらいですが、
    とても素敵なモザイクタイル

    house in niihama_04.jpg
    玄関ホールは細長い。
    靴収納の裏にクローゼットや収納棚を設置。
    お子様の学校道具や奥様、ご主人の出勤、
    外出時に必要なものを収納し
    また帰宅時のスムーズな収納。
    あえてオープンの使い勝手の良さを重視。

    

 

トップへ